Synergetic Consulting Strategy,Technology,Business Architecture and HR
会社概要 コンサルティング コンセプト キャリア HOME

Overview
代表からのご挨拶
シナジェティック設立の経緯
ミッションステートメント
対象業種/プロジェクト
会社情報/アクセス
マネジメント・メンバー略歴
Service Concepts

複合的視点

具体的成果の追求
客観的分析
クライアントとの共同チーム
IT・ビジネスの複合スキル
少数精鋭のスタッフ
顧客成功指向
コンサルティング例
Careers
成果を出すための3つの条件
必要とされるスキル要素
キャリア・パス
キャリア・ステップと役割
募集要項
Service Concepts/サービス・コンセプト
シナジェティックのアプローチ



「ITコンサルティング」サービスを提供する会社は多数存在します。
しかし多くの場合「ITコンサルティング」はシステム開発主体と同一であり、開発のフェーズが進むにつれ、システム開発の責任者としての姿勢が目立つようになります。その結果、以下のような問題が生じる場面に多く直面します。

NO1

 

開発スコープの変更など開発ベンダーとしての利害とユーザーの利害が衝突する場合に、開発者側がどうしてもユーザー主体の考え方を取りにくい。当面の開発プロジェクトへの影響を最小限にすることのみに焦点を当て、単に問題を先送りにするケースすらある。
NO2. システム開発者の責任はユーザーと合意したシステムを納品することであり、システムを稼働させるためのユーザータスクについては責任を負わないため、その支援は片手間となりやすい。ユーザーはそのようなタスクの実行になれていないため準備が不十分となり、システムの導入に混乱をきたすこととなる。
結果として、システムと業務が適合せず使いにくいものになってしまったり、想定した業務改革が実現できないケースが見受けられます。

シナジェティックは単なる「ITコンサルタント」ではなく、「ビジネスプロセス・アーキテクト」という立場で企業の変革を支援いたします。
ビジネスプロセス・アーキテクトは
プロジェクトの目的を達成することを最優先項目とし、そのためにユーザー、ベンダーがそれぞれなすべきアクションを識別し、その実行を支援いたします。
NO2

業務改革を実行するために、業務、システム、体制、トレーニング、アウトソース管理など必要な全ての局面のあるべき姿をビジネスの側面から明確にいたします。

NO3 ユーザー・ベンダーの双方の意向やリスクを勘案し、ベストな代替案を作成いたします。
NO4 .べンダーがユーザーの利益に反して自社の都合に基づいた行動を取るようなことのないように、顧客の利益を守りベンダーにフェアな指示を与えます。

プロジェクト全体が目的を共有し、その力を目的実現のために結集できるようビジネスプロセス・アーキテクトは支援いたします

前のページへ ページトップへ 次のページへ